自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

ユーザーページ

日記

プロの店員さんの指南

'19年9月14日 20:51

わたしが好きなブランドはワールドのozocです。
8年前は20代女子を目指してました。当時の店員さんにとって、わたしは本当に例外の年齢でしたが、今は、わたしの年代上の女性が買うブランドになってます。店員さんは、ブランドがネット上で上げてるショップスタイルが嫌いなようです。それよりも、ほんとうに服に合う靴を勧めてくれます。これが一番、勉強になりました。トレンドよりも、普通でありながらしっくりくる靴。例えばブランドが流行りのサボなどの
靴を勧めるところを、なんでもない茶系のブーツを勧めてくれると、
確かにお洒落だと思いました。彼女からはハットはグレーが一番どの色の服とも似合うって教えてもらいました。グレーのカーデイガンは黄色やピンク色のトップスにもあいます。店員さん不要論があり、ネットでの買いが叫ばれていますけど、店員さんほど、センスの良い人たちは居ないとわたしは思ってます。絶対に、店員さんに聞きますね。
ただ、店員さんも「買わすプロ」であったら、必ず無駄なものを勧めるんです。最後は鏡を見て、後ろ姿も見るようにしてください。大概、
他人は後ろ姿しか見てませんから。デニムのお尻も後ろ姿がオッケーならば大丈夫です。最後に買うのは自分だから、ほんとうにこの色でいいのか?使いまわしがきくのかを判断するのは自分です。「買わすプロ」から、白色の腕なしタンクトップを勧められましたが、着回しのきく
レンガ色を購入することにしました。白よりも、着回しがきくんです。
白いタンクトップだと、白や黒やピンクのカーデイガンなどの下だと
映えないんです。その点、レンガ色だと映えます。案の定、買わすプロは「わたしも着回しがきくからレンガ色買いました」とかいってましたね。白のタンクトップはブランドのお勧めですけど。色あいを考えて買うべきですね。そういう意味では、ブランドのスタイルは、ほんとうは
ダサいと判断するべきだと思います。参考するべきところはありますが。お洒落とはまたべつの次元だと教えてもらいました。

[広告]

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P